リースバックを利用したい場合には、まずはサービスを行っている不動産会社などに問い合わせをすることになります。不動産会社によって問い合わせ方法は異なるものの、Webや電話の利用が中心になるでしょう。すでにリースバックの利用が決定しているなら、簡易査定を依頼すればおおよその売却金額などを知ることができます。最初の査定は簡易査定となることが多く、自宅の間取りや築年数、周辺環境などの要素からおおよその売却金額が算出されます。

簡易査定ではあくまで目安の金額となりますが、金額の相場を知るためには役立つはずです。簡易査定の結果を知って本格的にリースバックの利用を決めたら、現地調査を依頼してみると良いでしょう。不動産会社では担当者を派遣して実際に物件を見る現地調査を行なっており、これによりさらに詳しい売価を知ることができるようになっています。簡易的なものとは異なり物件の状態なども実際に担当者が目で見て確認し、売却価格を決定することになります。

リースバックでは広告などを打って個人の買い手を探さず、不動産会社がそのまま買い手となるのが特徴です。契約時には買取価格の他に、住み続けるための賃料なども提示されます。賃料を支払うことで自宅の売却後も居住が可能となり、引っ越しなどの手間を省ことができるようになっています。簡易査定の段階で複数の不動産会社に見積もりを依頼し、もっとも納得できる売価や条件を提示した会社を選択すると良いでしょう。